ポリネシアンセックスを体験してみる

ポリネシアンセックスを体験してみる

セックススレの状態でも、男性とセックスの話ができるようであれば、
ポリネシアンセックス体験してみると良いと思います。
ポリネシアンセックスのやり方を紹介します。

 


ポリネシアンセックスをご存知ですか?

ポリネシアンセックスをご存知ですか?

 

南太平洋諸島に暮らすポリネシアの人々のセックススタイルです。

 

 

じっくり時間をかけることで、
「1時間たつと、先祖の霊が目覚めて、われわれの結合を祝福してくれる」
と信じられています。

 

男性の射精目的のセックスではなく、
性エネルギーの交流を目的としたセックスです。

 

ポリネシアンセックスは、
リラックスしながら、
相手を愛でながら精神的な準備が整ってから挿入します。

 

挿入もしなければ射精もしない夜もあります。

 

ゆっくり動いたり動かされたり、
じっと抱き合ってたり、
それを繰り返しながら、
お互いにゆっくり密着感を楽しみます。

ポリネシアンセックのやり方

ポリネシアンセックのやり方

 

・挿入するセックスは、5日に1度にする。

 

・他の4日は、しっかりと抱き合って、肌を密着させる。挿入はしない。

 

・セックスする時は、前戯や抱擁や愛撫に最低1時間をかけ、心と体が馴染んだら挿入する。

 

・挿入したら、30分位は動かずに抱き合う。ピストン運動はしない。
(ただし、男性に勃起力が無くなりそうな時、女性に性感が無くなりそうな時は少し動く)

 

・2人の間を流れる性エネルギーを感じてみる

 

 

まずは、体験をしてみると良いと思います。

 

繰り返しになりますが、
重要なのでもう一度言います。

 

目的は男性の射精ではありません。
性エネルギーの交流です。

 

難しく考えずに、
相手のエネルギーを感じることに意識してみてください。

ポリネシアンセックスとの出逢い

私の場合、ポリネシアンセックスを知ってセックスを変えていったのではなく、
性エネルギーを交流するセックスを探求していったら、
ポリネシアンセックスとスタイルが一緒でした。

 

セックスを変えるきっかけとなったのは、
男性の良からなぬ気持ちからです。

 

「女性を逝かせたい」という思いで、ネットを通して、
AV男優の早漏改善マニュアルを購入したことです。

 

早漏を克服した後、
長時間セックスをするようになって、
気の流れを感じるようになりました。

 

「うっ、何これ、凄く気持ちがいい〜♪」

 

と性エネルギーの流れに気が付いたのです。

 

そこから性エネルギーに興味を持って、
気功(小周天の呼吸法)や房中術を勉強しました。

 

※小周天
気功法の一つ。
生命エネルギーを意識と腹式呼吸で丹田などに集めて燃え上がらせ、体中を巡らせる方法。

 

※房中術
中国古来の養生術の一種。房事すなわち性生活 における技法で、男女和合の道。

 

それからは、
セックスがどんどん楽しくなりました。

 

扱うエネルギーもどんどん大きくなっていくのが自分でも分かりました。

 

それに伴って、快感も強くなっていきました。

 

女性もセックス中に何度も逝ってしまいます。
(逝かすことが優先目的ではありませんが…)

 

女性が逝くと、
異次元と繋がるのでしょうね?

 

男性にも大きなエネルギーが入ってきます。
セックスする度に、奥の深さを感じます。

 

セックスレスに陥る原因の1つが、
セックスが楽しくないからだと思います。

 

人間は興味があると前向きな気持ちになります。
夫婦の間に、再び炎を灯すのであれば、
その入口として、ポリネシアンセックスを試してみると良いと思います。

 

次回>>
「ポリネシアンセックスの体験談」を書きます。