離婚を選んだ方が良い場合もある

離婚を選んだ方が良い場合

離婚は悪いものではありません。
離婚した方が良い場合もあります。
しかし、「お互いに努力もせずに、すぐに離婚…」、これは頂けません。
また、違う相手を見つけても離婚し、不幸を繰り返すだです。
とことん相手のことを考え、それでも不一致なら離婚はありですね。


男女のパートナーは、お互いを高め合う存在である

離婚は魂の進化の証ともいえます。
今回は精神世界から見た離婚についての話。

 

精神世界と言うと聞きなれない方もいるかと思いますが、
読んでみてください。

 

 

少し前の時代、離婚というと「渇!!」のレッテルを離れてしまうものでした。
「離婚なんて、絶対に駄目です」と。

 

最近は少し変わりましたよね。
芸能界などで、結婚、離婚の動きが激しくなったのも影響しているのだと思います。

 

一般ピープルも、
お互いの価値観が合わないと躊躇なく離婚を選択する傾向が出てきました。
そして、今後この流れは加速するでしょうね。

 

魂の進化のため性エネルギーを活発にすることは必須です。
それができないのであれば、お互い地獄へ落ちるようなものです。

 

お互いのエネルギーの差が埋められないようであれば、
離婚し、新しいパートナーと再婚した方が良い場合もあります。

 

例えば"100"のエネルギーを持っている人がいるとします。
結婚し成長しエネルギーが"200"となり、
相手のとの差ができ、
どうしても埋まらなくなってしまいました。

 

その場合、離婚しエネルギーが"200"の相手と再婚する。
またも、自分を磨きエネルギーが"300"となった。
相手との差ができ、埋まらない。
次は、エネルギーが"300"と相手をパートナーとする。

 

自分が成長し進化することは宇宙の理にかなったもの、
だから消して離婚は悪いものでなく、良い場合もあるのです。

 

一概に離婚が悪いとは言えないですね。

 

現代の結婚という仕組みに囚われて、
あ互い不幸のままである可能性が高いのに、
離婚を考えない方がバッドです。

 

すなわち、
男女のパートナーというと、
お互いを高め合う存在でなければならないということです。

 

結婚当初はそうでも、
コミュニケーションを疎かにしていると、
お互いの成長に不向きなパートナーとなってしまいます。

 

いつも、お互いを高められる存在でありたいものです。